機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA

右クリックメニューに追加



セルを右クリックしたときに表示されるショートカットメニューに、独自のコマンドを追加するには次のようにします。

Sub AddMenu()
    Dim Newb
    Set Newb = Application.CommandBars("Cell").Controls.Add()
    With Newb
        .Caption = "独自のコマンド"
        .OnAction = "Sample"
        .BeginGroup = False
    End With
End Sub

Sub Sample()
    MsgBox Now
End Sub

セルのショートカットメニューはCommandBars("Cell")で表されます。OnActionプロパティに指定したプロシージャが、クリックされたときに実行されます。OnActionプロパティに指定するプロシージャは、標準モジュールに作成してください。BeginGroupプロパティにTrueを設定すると、コマンド名の直前に区切線が追加されます。

上記のサンプルを実行すると、次のようになります。一番下が追加したコマンドです。



追加したメニューを削除するには、次のようにします。

Sub DelMenu()
    Application.CommandBars("Cell").Controls("独自のコマンド").Delete
End Sub





このエントリーをはてなブックマークに追加