機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

Returnステートメント



Returnステートメント

構文
Return

解説
GoSubステートメントで分岐した処理を、GoSubステートメントの次行に戻します。
ひとつのGoSubステートメントに対して、複数のReturnステートメントを記述できますが、どのReturnステートメントも最後に分岐したGoSubステートメントの次行に処理を戻します。
GoSubステートメントと、対応するReturnステートメントは、同じプロシージャ内に存在しなければなりません。

サンプル
次の例は、GoSubステートメントで分岐した処理を元に戻します。

Sub Sample()
    Dim a As Integer
    a = InputBox("数値を入力してください")
    GoSub mySub1
    Exit Sub
mySub1:
    Select Case a
    Case Is < 5
        MsgBox a & "は5より小さい"
        Return
    Case Is = 5
        MsgBox a & "は5です"
        Return
    Case Is > 5
        MsgBox a & "は5より大きい"
        Return
    End Select
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加