機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

Resumeステートメント



Resumeステートメント

構文
Resume [0]
Resume Next
Resum line
lineには、分岐先の行ラベルまたは行番号を指定します。

解説
On Error Gotoなどで分岐したエラー処理が終わった後の分岐先を指定します。
Resume [0]では、エラーが発生した行を再度実行します。
Resume Nextでは、エラーが発生した行の次行から処理を再開します。
Resume lineでは、lineで指定した行ラベルまたは行番号の行に分岐します。

サンプル
次の例は、エラーによって処理の分岐先を指定します。サンプルでは、AドライブがFDドライブで、FDの準備ができていないエラーと、Openステートメントで開こうとしたファイルが存在しないエラーを想定してます。

Sub Sample()
    On Error GoTo myError
    Open "A:\Test.dat" For Input As #1
    Close #1
    Exit Sub
myError:
    Select Case Err
    Case 53     'ファイルが見つからない
        MsgBox "Test.datがありません"
        Resume Next
    Case 71     'ディスクの準備ができていない
        MsgBox "FDを挿入してください"
        Resume
    Case Else
        Reset
    End Select
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加