機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

Option Compareステートメント



Option Compareステートメント

構文
Option Compare {Binary|Text|Database}

解説
文字列データの既定の比較方法を設定します。
Option Compareは、モジュールの先頭に記述します。Option Compareの指定をしないと、文字列データの比較方法は規定のBinaryモードになります。

Binaryモード
文字列比較の並べ替え順序は、バイナリ文字コードのコード順によって行われます。

Textモード
文字列比較は、国別情報の設定で決まります。日本の場合は50音順で、大文字と小文字、文字幅、カタカナとひらがなを区別しない並べ替え順になります。

Databaseモード
Microsoft Access でのみ使用できます。

サンプル
次の例は、Option Compareを指定して、文字列の比較方法をBinaryモードに設定します。

Option Comapre Binary

Sub Sample()
    MsgBox "A" < "a"    'Trueが返ります
    MsgBox "A" = "a"    'Falseが返ります
End Sub

次の例は、Option Compareを指定して、文字列の比較方法をTextモードに設定します。

Option Comapre Text

Sub Sample()
    MsgBox "A" < "a"    'Falseが返ります
    MsgBox "A" = "a"    'Trueが返ります
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加