機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

Option Baseステートメント



Option Baseステートメント

構文
Option Base {0|1}

解説
配列の添え字の最小値を指定します。
指定できるのは1または0です。Option Baseステートメントの指定をしないと、配列の添え字の最小値は0になります。
Option Baseは、モジュールの先頭に記述します。また、Option Baseの指定が有効なのは、Option Baseを記述したモジュール内だけです。
Option Baseを指定しても、Array関数またはキーワードParamArrayを使って作成する配列の添字の最小値は 0です。

サンプル
次の例は、Option Baseで配列の添え字の最小値を1に設定します。

Option Base 1

Sub Sample()
    Dim tmp(5), i As Integer
    For i = 1 To 5
        tmp(i) = i
    Next i
    MsgBox "1番目の要素は" & tmp(1) & "です"
End Sub

次の例は、Option Baseで配列の添え字の最小値を0(既定値)に設定します。

Option Base 0

Sub Sample()
    Dim tmp(5), i As Integer
    For i = 0 To 4
        tmp(i) = i
    Next i
    MsgBox "1番目の要素は" & tmp(0) & "です"
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加