機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

Killステートメント



Killステートメント

構文
Kill filename
filenameには、削除するファイル名を指定します。

解説
filenameで指定したファイルをディスクから削除します。filenameには、ドライブやフォルダを指定できます。また、複数のファイルを指定する「*」や「?」のワイルドカードも指定できます。
Openステートメントなどで現在開いているファイルを削除しようとするとエラーになります。

サンプル
次の例は、C:\Autoexec.batをC:\Temp.batという名前でコピーし、存在を確認した後C:\Temp.batを削除します。

Sub Sample()
    FileCopy "C:\Autoexec.bat", "C:\Temp.bat"
    If Dir("C:\Temp.bat") <> "" Then
        MsgBox "C:\Temp.batは存在します"
        Kill "C:\Temp.bat"
    End If
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加