機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

GoSub...Returnステートメント



GoSub...Returnステートメント

構文
GoSub line

line:

Return
lineには、分岐先の行ラベルまたは行番号を指定します。

VBAなどの構造化言語では、一般的にGotoやGoSubによる処理の分岐は推奨されていません。
ただし、On Error Gotoによるエラー処理へのジャンプは、ケースによっては効果的です。

解説
同一プロシージャ内で、サブルーチンへの分岐と復帰を指示します。

サンプル
次の例は、ユーザーが入力した値によってサブルーチンへ分岐し、Return行で復帰します。

Sub Sample()
    Dim a As Integer
    a = InputBox("数値を入力してください")
    If a < 10 Then GoSub Sub1
    MsgBox a
    Exit Sub
Sub1:
    a = a + 10
    Return
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加