機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > VBAのステートメント

Errorステートメント



Errorステートメント

構文
Error errornumber
引数errornumberには、任意のエラー番号を指定します。

解説
引数errornumberで指定したエラーを、疑似的に発生させます。

サンプル
次の例は、「0で除算」エラーを発生させます。

Sub Sample()
    Error 11
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加