機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > シートの操作

シート見出しの色を設定する



Excel 2002以降で可能


シート見出しの色を設定するには、Worksheetオブジェクト内のTabオブジェクトColorIndexプロパティに色を表す数値を指定します。TabオブジェクトはExcel 2002で追加されたオブジェクトですから、Excel 2002より前のバージョンではシート見出しの色を変更できません。次のコードはSheet1のシート見出しを赤色に設定します。

Sub Sample09()
    Worksheets("Sheet1").Tab.ColorIndex = 3
End Sub

シート見出しの色を「色なし」に設定するときは、ColorIndexプロパティに定数xlNoneを指定します。上記のコードで指定した「3」は赤色を表す数値です。どの色が何番になるかは、マクロ記録で確認しましょう。

実用的なサンプルを2つばかりご紹介しましょう。次のコードは、左隣のシート見出しと同じ色をアクティブシートに設定します。

Sub Sample09_2()
    With ActiveSheet
        If .Index = 1 Then Exit Sub
        .Tab.ColorIndex = Sheets(.Index - 1).Tab.ColorIndex
    End With
End Sub

次のコードは、全てのシート見出しに設定した色を解除します。

Sub Sample09_3()
    Dim ws As Worksheet
    For Each ws In Worksheets
        ws.Tab.ColorIndex = xlNone
    Next ws
End Sub



このエントリーをはてなブックマークに追加