機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > VBA > ファイルの操作

テキストファイルを操作する



ファイルに書き込む


テキストファイルにデータを書き込むときは、ファイルを開くOpenステートメントで書き込みモードを指定します。

Open ファイル名 For Output As 番号
または
Open ファイル名 For Append As 番号

Outputで開いたファイルに何かのデータを書き込むと、そのファイルにそれまで書かれていたデータがすべて消えてしまい、新しく書き込んだデータだけが記録されます。一方、Appendで開いたファイルに書き込んだデータは、それまで書かれていたデータの末尾に追記されます。

【Outputで開いたファイル】


【Appendで開いたファイル】


OutputAppendのいずれも、存在しないファイルを開いて書き込んだとき、自動的に新しいファイルを作成してくれます。

データを書き込むときは、Printステートメントを使います。

Print #番号, データ

Sub Sample6()
    Open "C:\Sample\Data.txt" For Append As #1
        Print #1, "桜木"
    Close #1
End Sub



Printステートメントでデータを書き込むと、データの末尾に改行コードが自動的に書き込まれます。








ファイルの一覧を取得する | UTF-8形式を読み込む



このエントリーをはてなブックマークに追加