データベース的活用法

このエントリーをはてなブックマークに追加  



Excelのワークシートは、データベースとして使用するのに最適です。10,000件程度のちょっとしたデータベースでしたら、専用のデータベースソフトを使うまでもなく、Excelで十分に運用できます。ただし、そうしたデータベースをマクロで操作するときには注意が必要です。特に、他の言語は詳しいけれど、Excel VBAは苦手…というプログラマは気をつけてください。マクロ記録に頼った、わざわざ遅いコードでシステムを作成して「やっぱ、Excelでは無理っぽいな〜」と嘆くことになりかねません。ExcelにはExcelの流儀があるのです。ここでは、Excelをデータベース的に活用する基本を解説しましょう。

  1. 検索の基本はFindメソッド
  2. データをカウントする
  3. オートフィルタで抽出する
  4. 計算式を埋め込む
  5. リレーショナルデータベースのように使う
  6. 画像付きのインターフェイスを作る


このエントリーをはてなブックマークに追加