機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > 機能と数式

一番下のセルを参照する(2)



一番下のセルを参照する(1)」では、表の一番下にあるセルを参照する方法を解説しています。しかし、この方法では、表の内部に空欄セルが含まれていると参照できません。



そりゃそうです。COUNTA関数は、空欄をカウントしませんから。でも、こんなの簡単です。次のように考えればいいんです。たとえば、C列で考えてみましょう。

データが入力されているセルは、COUNTA関数で分かります。



そして、空白のセルは、COUNTBLANK関数でカウントできます。



だから、データの個数(COUNTA関数の結果)と、空白セルの個数(COUNTBLANK関数の結果)を足した数字が、最終セルの行数になります。しかし、ここで困ったことがひとつあります。範囲に指定している「C2:C6」です。実務では一般的に、データの量が決まっていません。こうしたケースでは、データが日々増減することが普通でしょう。COUNTA関数だったらいいです。COUNTA(C:C)みたくすれば、データが入力されている個数がわかります。でも、COUNTBLANK(C:C)なんてやろうもんなら、とんでもない結果が返ってきます。何とかして、データが入力されているセル範囲を、増減にあわせて、自動的に指定したいです。

こんなときは、テーブルを使います。
余談ですが、これからのExcelユーザーにとって必須の機能は3つあります。「オートフィルタ」と「ピボットテーブル」と「テーブル」です。テーブル機能は、表をカラフルに装飾する機能ではありません。テーブルにすると、そこは普通のワークシートではなくなります。テーブル機能については、下記ページをご覧ください。


では、テーブルにしてみましょう。



もちろん、データが増えてもちゃんと対応します。



これで解決です。
一番下のセルを参照する(1)」では、INDIRECT関数でやる方法を解説しましたので、ここではOFFSET関数のやり方をご紹介しましょうか。OFFSET関数については、下記ページをご覧ください。




これからは、テーブルの時代です。





このエントリーをはてなブックマークに追加