機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > 機能と数式

1ページ目のページ番号を変える



ワークシートを印刷するとき、よく用紙の下にページ番号を表示しますよね。ページ番号が印刷されるようにするには、次のようにします。

※ここで使っているサンプルデータは、下記のサイトで作成しました。

Excel 2003までの手順


  1. [表示]-[ヘッダーとフッター]をクリックします



  2. 表示される[ページ設定]ダイアログボックスで[フッターの編集]ボタンをクリックします



  3. 表示される[フッター]ダイアログボックスで、ページ番号を表示したい位置(左/中央/右)をクリックしてから、左から2番目のボタンをクリックします。実行すると、下図のように&[ページ番号]が入力されます



  4. [OK]ボタンをクリックして、[フッター]ダイアログボックスと[ページ設定]ダイアログボックスを閉じます


印刷プレビューで確認すると、用紙にページ番号が表示されています。



Excel 2007以降の手順


  1. [挿入]タブ-[テキスト]グループの[ヘッダーとフッター]ボタンをクリックします



  2. 実行すると、表示が[ページレイアウト]モードに切り替わり、ヘッダーの中央部が選択状態になります。同時に、リボンでは、ヘッダー/フッターツールのコンテキストタブ[デザイン]が開きますので、ワークシートをフッターが見えるところまで下方向にスクロールするか、[フッターに移動]ボタンをクリックします



  3. ページ番号を表示したい位置(左/中央/右)をクリックしてから、[ページ番号]ボタンをクリックします。実行すると、下図のように&[ページ番号]が入力されます



印刷プレビューで確認すると、用紙にページ番号が表示されています。




1ページ目のページ番号を指定する


一般的には、先頭ページは「1」ページですが、もし何らかの事情で、先頭ページを「1」ではないページ番号で始めるには、次のようにします。

Excel 2003までの手順


  1. [ファイル]-[ページ設定]をクリックします



  2. 表示される[ページ設定]ダイアログボックス[ページ]タブの[先頭ページの番号]ボックスに、任意の数字を入力します



  3. [OK]ボタンをクリックします

先頭のページ番号が、指定した数値になっています。



Excel 2007以降の手順


  1. [ページレイアウト]タブ[ページ設定]グループ右下の、[ダイアログボックスランチャー]ボタンをクリックします



  2. 表示される[ページ設定]ダイアログボックス[ページ]タブの[先頭ページの番号]ボックスに、任意の数字を入力します



  3. [OK]ボタンをクリックします

先頭のページ番号が、指定した数値になっています。



途中からページ番号を始めるには


Excel 2007からは、ヘッダーとフッターに関して、[先頭ページのみ別指定]オプションや[奇数/偶数ページ別指定]オプションが追加されましたが、Excel 2003までには、このオプションがありません。



もし、印刷する全ページのうち、途中からページ番号を付けたいのなら、次のようにする手もあります。



ヘッダーとフッターは、ワークシートごとに設定できますので、上の例なら、[表紙]と[目次]をSheet1に作成し、[本文]をSheet2以降に作成します。もちろん、Sheet1ではフッターのページ番号を設定せず、Sheet2からページ番号が印刷されるようにします。



そして印刷のとき、[ブック全体]を選択します。

【Excel 2003まで】



【Excel 2007以降】







このエントリーをはてなブックマークに追加