機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > 機能と数式

罫線などの書式を崩さずにセルをコピーする





上のように、ちょっと複雑な罫線を使って表を作りました。D列ではB列とC列の数値を合計します。セルD2には「=B2+C2」という数式を入力しました。ところが、このセルD2をセル範囲D3:D6にコピーすると、せっかく設定した罫線がくずれてしまいます。これは、セルをコピーするとコピー元の書式も一緒にコピーされてしまうからです。試しにいくつかの方法でチャレンジしてみましょう。



上図はコピーと貼り付けを実行しました。セルD2を選択してコピーし、セル範囲D3:D6を選択して貼り付けます。セルD2のフィルハンドルをドラッグするのも、これと同じ動作になります。結果は×です。



今度はCtrl+Dというワザを使います。Ctrl+Dは[編集]-[フィル]-[下方向へコピー]のショートカットキーで、この動作はクリップボードを経由しません。ところが、結果はまたしても罫線が一緒にコピーされてしまいました。

本来なら[形式を選択して貼り付け]の「罫線を除くすべて」や、フィルハンドルをドラッグした後に表示されるスマートタグから「書式なしコピー」を実行するのが正道でしょうけど、私はこんなとき次のように操作します。

  1. セル範囲D2:D6を選択する(コピー元を含みコピー先すべてを選択する)
  2. [F2]キーを押してセルD2を編集状態にする
  3. Ctrl+Enterキーを押す


Ctrl+Enterキーは、選択した複数のセルに同じデータや数式を一括入力するキー操作です。このとき、入力するのが数式なら、数式内で指定しているアドレスが入力されるセルに応じて正しく自動調整されます。セルをコピーしたのではなく、数式を一括入力したのですから、セルの書式に影響は与えません。





このエントリーをはてなブックマークに追加