機能と数式 | VBA | セミナー | オンラインソフト | お問い合わせ | その他
Top > Excel > 機能と数式

アクティブセルを移動させない(1)



普通は、セルにデータを入力して確定するときEnterキーを押します。すると、セルにデータが格納されて、アクティブセルは1行下のセルに移動します。この動作は、下方向にデータを入力していくケースで助かりますが、世の中そういうケースばかりではありません。

そこでExcelでは、セルにデータを入力した後、どの方向にアクティブセルを移動するかユーザーが設定できるようになっています。[オプション]ダイアログボックスの[編集]タブを開くと[入力後にセルを移動する]チェックボックスがあります。ここをオンにして、[方向]で移動する方向を設定すれば、セル入力後に移動するアクティブ セルの方向を指定できます。

なるほど便利な設定ですが、ユーザーは予想以上にワガママです。「いつもは真下に移動して欲しいけど、今だけは移動しないで欲しい」…さらに、「かといって、いちいち[オプション]ダイアログボックスを開くのは面倒くさい」…。
思い当たるフシがあるでしょう?そんなとき、つまり「今だけはアクティブセルを移動したくない」場合は、Enterキーを押すときにCtrlキーを押しましょう。Ctrl + Enterキーでデータを確定すると、アクティブセルが移動しません。

Ctrl+Enterキーというキー操作は、複数のセルに同じデータを同時に入力するキー操作です。試しに、任意のセル範囲を選択した状態で何かデータを入力し、確定時にCtrl+Enterキーを押してみてください。選択したすべてのセル範囲に同じデータが入力されたはずです。このとき、アクティブセルは移動しません。この性質を利用すれば、1つのセルにデータを入力するときでも、Ctrl+Enterキーすればアクティブ セルは移動しないというわけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加