オンラインソフトレビュー





そう、あれはもう20年くらい前のことです。当時私は会計事務所に勤めていました。ある日、池袋の顧問先を訪れた後、時間つぶしにとある書店に入りました。パソコンのマニュアル本を立ち読みするのが目的でした。
永遠の名機と誉れ高いダイナブックSS001にLotus 1-2-3を入れ、毎日マクロを作りまくっていた私は、何かおもしろい本はないかなぁ〜と物色を続けました。フトある本を手にしました。ん?何やら訳の分からんことが書いてあります。ん?圧縮?なんじゃそりゃ…正直に白状します。何が書いてるのかチンプンカンプンでした。でも、FDが付いてお得だし、ちょうど読む本もないし、こないだの税理士試験もダメだったし…みたいな。

青天の霹靂(へきれき)とはまさにこのことでした。ファイルを圧縮するぅ?圧縮したまま実行できるぅ?自分の知らない世界をいきなり知らされ、ショックのあまり眠れない夜が続きました。いや、ホント、そのくらい超驚きでした。そして知りました。パソコン通信という何だかよくわからないことをすれば、こんなすごいツールを手に入れられるのだと。

さっそく行きました。パソコンショップへ。店員のお兄さんに教わりながら必要なパーツを買いました。まず、ハードディスクが必要だと。私はちょっともったいなぁと思いながら、店員が勧める大容量40MBの内蔵ハードディスクを買いました。FD40枚分のハードディスクなんて一生かかっても使い切れないと思いました。確か、20MB+20MBにパーテーションを切ったと思います。続いて、モデムが必要だと。お兄さんは「ちょうど新しく入ったのがあるんスよ!最新スよ!もうこれしかないスよ!速いっスよぉ!」私は店員の強い勧めにしたがって、超高速2400bpsモデムをゲットしました。 「まだ2400bpsのアクセスポイントは少ないスけど、もう1200bpsの時代は終わりスよ。お客さん、どこ入るんスか?PC-VAN?mix?あ、NIFTYっスか」。ちなみに、両方合わせて15万くらいしました。実話です。…あ、 この話、女房には内緒でお願いします。

すいません、つい昔話になってしまいました…職業ライターが日常使っている&使っていたオンラインソフトのレビューです。なお、ホームページのURLなどが間違っていたら、ぜひご指摘ください。


GV

ViX